第21回国際生物物理会議

6月27日 (木) 12:35 より、国立京都国際会館で開催される第21回国際生物物理会議にて、ランチョンセミナーを行います。

#WeMakeDNA – 人工遺伝子を用いた光遺伝学へのアプローチ
本セミナーでは、人工遺伝子を活用し、最新の技術を駆使して光遺伝学の分野に革新的なアプローチを提供している事例として東京大学 加藤英明教授にご登壇いただき、光駆動型イオンチャネルの構造と機能解析を通じて得られた最近の知見をご紹介いただきます。

当日の研究会にご参加されておりましたら、ぜひご参加ください(本セミナーは英語にて実施されます)。

#WeMakeDNA – Approaches to Optogenetics Using Artificial Genes

Invited lecture
Structural and Functional Analysis of Light-Gated Ion Channels Assisted by Rapid DNA Synthesis Services
Speaker: Hideaki Kato, Ph.D.
Professor, Structural Bioengineering,
Research Center for Advanced Science and Technology (RCAST), The University of Tokyo

Host presentation
Writing the Future – Twist Synthetic Gene Tools to turn your best ideas into reality
Speaker: Kazuki Kaneshiro
Sr Business Development Manager-Synthetic Biology, APAC