2020.4 医薬品、バイオテクノロジー、工業化学などの研究向け人工遺伝子製品の柔軟性を拡大

Twist Bioscienceは、人工遺伝子製品ラインの強化(調製量、提供フォーマット、バッファーオプション、チューブおよびプレートオプションを拡大したこと)を発表しました。特定の研究ニーズに適したフォーマットで、より大量のDNAにアクセスできるようになりました。

世界的なパンデミックに直面する中、重要な標的を特定し、新しい治療法を開発するために、合成生物学のツールがこれまで以上に必要とされている今、研究コミュニティの増加するニーズに応えることに引き続き尽力してまいります。

プラスミドという染色体中の標準的な遺伝子複製とは独立して複製できる分子にクローン化された完全長遺伝子を用いることで、創薬や開発プロセスを含む幅広い研究に使用することができます。また、特定の遺伝子の標的または生理機能の特定、ワクチンや診断テストの開発、病気を治療するための新しい治療法の発見と開発など、製薬やバイオテクノロジーの研究の広い配列で使用されています。

詳細は下記の英文記事をご覧ください:
https://investors.twistbioscience.com/news-releases/news-release-details/twist-bioscience-expands-flexibility-clonal-genes-pharmaceutical