Twist Bioscience “未来を創る”アンケート

    Twist Bioscienceに興味を示してくださり、誠にありがとうございます。

    2019年12月の分子生物学会のバイオテクノロジーセミナーでは200名のお客様に参加をいただきました。招待講演と企業講演を通して、オリゴプール、人工遺伝子ならびにNGSに関する新製品について紹介しました。また、参加者の皆様に新しい総合カタログを配布しました。

    2020年12月の分子生物学会のバイオテクノロジーセミナーでは300名を超えるお客様にオンライン視聴をいただきました。その際、感染症を例にして、次世代シーケンサの前処理、人工遺伝子、オリゴプール、変異遺伝子ライブラリの活用例を一通り紹介させていただきました。その際の講演ビデオも公開しております。

    Twistは、感染症研究の様々なツールを開発するだけでなく、タンパク質工学を始めとする合成生物学に関わる研究者の皆様をサポートするためにもできる限りのことを続けています。

    2021年3月20日の農芸生化学会のスポンサードシンポジウムでは、合成生物学によるタンパク質の構造と機能解析へのアプローチに関するオンラインセミナーを実施しました。事前登録いただいた方に、講演資料など当日の内容をダイジェストでお届けする準備を進めています。

    2021年4月5日のAET (Antobody Engineering & Therapeutics) Asia(国際学会「抗体工学・抗体治療学会アジア大会」)では、Twist Biopharma部門で取り組んでいる研究開発と新たなサービスについて発表しました。

    2021年4月28日の"Writing the Future - Asia Pacific"では、ゲノミクス、合成生物学、さらにはDNAストレージの刺激的な新開発情報をキャッチし、共同研究者とのネットワークを築き、ディスカッション可能なイベントを準備中です。

    写真今後の学会協賛、最新情報、トピックスなどの提供をタイムリーに行うべく、アンケートを実施しています。
    お手数ではございますが、5分お時間いただけますでしょうか。本アンケートにご回答いただいた方(20名様/2021年4月28日まで)に、Twistの人気のラマのぬいぐるみやボールペンやマスクなどのTwistのノベルティセットを抽選で差し上げます。

    アンケートの回答を提出いただきますと、アンケート回答の確認メールをお送りします。
    万が一、確認メールが届かない場合はお問い合わせください。

    是非、この機会に下記フォームにてご回答下さい。

    2021年に参加予定の学会や研究会を5つ教えてください。(検討中のものを含む)*





    がん希少疾患抗体医薬免疫・細胞治療タンパク質工学・酵素改変ゲノミクス合成生物学その他


    CRISPR/RNAiフローサイトメトリーELISA細胞培養タンパク質発現その他


    EurofinsFASMACGeneArt (Thermo)GenewizGenScriptIntegrated DNA Technologies (IDT)Twist Bioscienceその他


    価格納期品質購入しやすさ口コミその他


    はいいいえ


    はいいいえ


    人工遺伝子(キャンペーン中)Oligo Pools変異体遺伝子ライブラリNGS関連製品(キャンペーン中)その他


    ウエブ検索日経Peatix口コミその他

      *By completing this form I agree to receive communications from Twist Bioscience.

    To learn how this website handles your data please visit https://twistbioscience.yokohama/privacy-policy

    (*必須項目)